ひきこもりが初めに社会復帰を目指す時に手近な職場として候補に上がりやすいコンビニでのアルバイトだよね。

  • 近場
  • 手軽そう
  • どんな仕事か想像が付く

ウンウン。通勤に電車に乗って1時間とか無理だし、コンビニのアルバイトなんて高校生でもできるし暇そう。「客が持ってきた商品をレジ打ちして袋詰めすればいいんでしょ?」なんて気軽に考えてるなら大間違い!!

可愛いOLや女子高生も来店しますが、住宅街にあるコンビニなんかじゃ話好きなおばちゃんや酔っ払い、何かとクレームをつけてくるおっさんと十人十色。人と常に接する時間が長いのは引きこもりにとって超苦痛。

仕事内容もレジを打って袋詰めするだけではなく、唐揚げや肉まんを作ったり宅急便のサイズを測って料金を算出したり、公共料金の支払いに応じたり覚える事が山ほどあります。

コンビニバイトは役割が細分化されておらず、全ての仕事を覚える必要がある。

黙々と単純作業をする工場バイトなどに比べるとやってみると引きこもりには敷居が高いコンビニバイト。

実際にひきこもり上がりでコンビニでアルバイトをしていた私が辛いと感じたポイントを5点ご紹介します。

コンビニバイトに応募する前に心掛けるべき5つのポイント

家から近くて通勤が楽、仕事が簡単そうで引きこもりの自分でも出来そうだと思ってコンビニでのアルバイトを検討してないですか??

通勤が楽なのは正解ですが、家からコンビニが近いと同級生がお客さんとして来る可能性があるデメリットがあったり、仕事内容も覚える事が多くて決して楽なバイトではありません!

ポイント1:常に客の動向を気にする必要がある

客がいない時や商品を選んでいる時間は品出しや倉庫整理、唐揚げや肉まんなどのホットスナックを作ったり自分で仕事を見つける必要があります。

何か作業をしている最中でもレジに客が並べば会計をしなければなりません。

ひきこもり時代はまわりに気を配る必要がなかったのでマイペースになりがち。常にレジ付近の様子をチェックしておく必要があります。

ポイント2:迅速な対応が必須となる

引きこもってダラダラした生活が身に付いたひきこもりにテキパキした動作は苦手中の苦手ですよね。ですが、レジ打ち・袋詰めなどスピーディーに行わないとお客さんの機嫌を損ねます。

急ぎ過ぎて預かった金額を打ち間違えたり、卵を割ってしまったりすると余計に時間を食ってしまうので注意が必要です。

ポイント3:覚える事が意外と多い

客観的にコンビニでアルバイトをしている人を見てると『めっちゃ簡単そうじゃん。』と見えるかもしれませんが、実際は覚える事が多くて大変な仕事です。

  • クレジットカード決済、IC決済方法の違い
  • 宅配便の送料計算が複雑
  • 公共料金の支払いでどこを切って、どこに判子を押すか

今でも正直思い出せません。間違える事が出来ないので、分からない時はいつも先輩を呼び出してやってもらってました。

ひきこもりから社会復帰した時は、覚える事が多いとパニックを起こしやすく覚えが悪い・・・。

ポイント4:知り合いが来店する可能性が高い

コンビニでアルバイトをするとなると、当然自宅から近い場所で探す事になります。わざわざ遠くの街のコンビニで働く意味はないですからね。

そうすると当然小中学生時代の同級生がコンビニに来る可能性があります。というか100%来ます。

『良い歳してアイツまだコンビニでバイトしてるぜww』なんて噂が広まるのは一瞬です。次々と同級生が来店してはバカにされるでしょう。

ポイント5:年下が先輩

コンビニのアルバイトの年齢層ってやっぱり16歳~23歳くらいの高校生、大学生が多いのが実情です。なのでコンビニでアルバイトをすると必然的に年下が先輩になり、仕事を教えてもらう事もあります。

年上としては年下から仕事を教えてもらうのってプライド的に嫌ですよね。辛い。

手近だけどキツいコンビニでのアルバイト

コンビニでのアルバイトは、家から近くて誰でもできる仕事、色んなお客さんが来店するからコミュニケーションを取るリハビリにもなってひきこもりでも一歩踏み出しやすそうな印象があるかもしれません。

高校生や大学生が初めてのアルバイトとしてやる分には、失敗しても『学生だから仕方ないか』と思って貰えるかもしれませんが、良い年したオッサンがレジ打ちや袋詰めが遅かったりするとイライラされてしまいがち。

田舎のおじいちゃん・おばあちゃんが多い地区であれば許されるかもしれませんが、生き急いでる人が多い都会でコンビニバイトをするのはオススメできません。

ひきこもりの社会復帰1発目は接客業以外で

上記理由から、コンビニアルバイトを含め接客業はオススメできません。覚える事が多くて何度も何度も聞きなおして何度も何度も怒られました。(私の覚えが悪いんだけどね・・・。)

『じゃあ一体ひきこもりから脱する仕事は何がオススメなの??』と聞かれたらオススメしたいのは2つ。

パソコンを使った仕事

1つは引きこもりで培ったパソコンスキルを活かした仕事。必要なスキルはタイピングがそこそこ早い事、これができないと正直キツい。

でもタイピングさえ出来れば接客業じゃないので焦る必要がなくマイペースに仕事を覚える事ができます。

\ 正社員経験がない人だけのチャンス /

人と関わらない単純な仕事

2つ目は、工場やマンションの管理人といった極力人と関わらない仕事。

人と関わる事も少なく覚える事も少ないので社会復帰するには一番気楽な仕事です。

工場に関しては住み込みで働ける職場が多く家賃もかからないので、突然親が亡くなったり追い出された時の駆け込み寺的な職場です。

\ ひきこもり向け職場多数紹介中 /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です